Markdownの画像添付問題を解決するアイデア

Markdownは画像の取り扱いが苦手

いまのMarkdownでは、実質的にHTMLの<img>タグと同じ、単にリンクするだけの仕組みしか用意されていません。

パッケージフォルダ方式

OS Xのパッケージのような方式。Markdown文書とその添付ファイルを同じフォルダに入れておきます。アップロード時などのマシン間転送時にはZIPアーカイブとかで。

埋め込み方式

単一のMarkdownファイルに添付ファイルも埋め込む方式。アイデアの源は MIME (Multipurpose Internet Mail Extensions) です。それを現代風にアレンジしたらどうなるか。例えばスタティックサイトジェネレータ Jekyll で使われている YAML Front Matter を拡張すれば、Markdownテキストのマルチパート化ができるのでは。添付ファイルのエンコーディングはMIMEのようにBASE64とするか、あるいはData URIでもよいかもしれません。

実用化に必要なこと

  • フォーマットの標準化
  • リファレンス実装(エディタやコンテンツマネジメントシステムの入出力のフィルターやプラグイン?)
  • エディタやコンテンツマネジメントシステムによる採用(普及)

おわりに

いつもMarkdownを使いながら、こんなことを考えたりしています。もし興味があればお話ししましょう。そこから具体的なフォーマットの仕様策定をしたり、リファレンス実装をしたり、といったこともできれば楽しいかなと。そのための場として日本語Markdownユーザー会Google Groupがあります。

--

--

ソフトウェア開発者/情報アーキテクト(IA)/アート・ファン https://hideishi.com

Love podcasts or audiobooks? Learn on the go with our new app.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store
石橋秀仁 (Hideto Ishibashi)

石橋秀仁 (Hideto Ishibashi)

ソフトウェア開発者/情報アーキテクト(IA)/アート・ファン https://hideishi.com