私がベーシックインカム懐疑論者に転向した理由

以前ベーシックインカムの導入を訴える文章を書いたことがあるのだが、『ゲンロン0 観光客の哲学』を読んでから考えが変わった。

ベーシックインカムの何が問題か

ベーシックインカムの大前提である「全員一律」という福祉原理は、「誰が『全員』に含まれるのか」というメンバーシップの確定を必要とする。それは同時に、新たにメンバーシップを得ようとする人間を排除する論理に帰結する。言い換えれば、ベーシックインカムは「友敵理論」の政治と不可分である。

国民国家のメンバーシップが問題なら、グローバルにすればいいのか

このような議論に対して、次のような批判が予想される。「国民国家単位のベーシックインカムが排外主義的なウルトラナショナリズムに帰結するなら、全人類を対象とするグローバルベーシックインカムを実現すればいいではないか」と。

情報アーキテクトの役割

さて、ここから情報アーキテクトの話につなげていきたい。

ソフトウェア開発者/情報アーキテクト(IA)/アート・ファン https://hideishi.com

ソフトウェア開発者/情報アーキテクト(IA)/アート・ファン https://hideishi.com