福祉の充実が排外主義につながらない社会への問い

もしセイフティ・ネットが排斥運動や排外主義と結びつかないような形で実現できるなら、それこそ「具体的な連帯」の社会ビジョンになりうるのではないだろうか。しかし、そんなことは可能なのだろうか。生活保護が叩かれ続け、捕捉率が2割程度に留まる(もらう資格があるほど貧しいのにもらっていない人が8割ほどもいる)日本においては。

社会保障財源を「我々が負担している」と思い、「奴らは我が国の社会保障制度にただ乗りしており、許せない」と考える国民がいる。その「義憤」の矛先は在留外国人へと向かう。

ソフトウェア開発者/情報アーキテクト(IA)/アート・ファン https://hideishi.com

ソフトウェア開発者/情報アーキテクト(IA)/アート・ファン https://hideishi.com